読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫁の一言に何度も救われました…

今(特に今月)経済的にとても厳しい状況です。こういう時は、他人のことを妬んだり、他人のせいにしたりと、とても嫌な人間が出てきます。お金が大事なのはわかっているつもりですが、お金のせいにもしかねません。それだけはしないようにしていると、人のせいにするのです。お金について感謝が足りないと教えてもらっているような気がしたので、500円玉貯金を再開することにしました。すると、意外なところから救いの手が現れます。すっかり忘れていた子供のために貯めていたものです。今月から嫁も働きだして給料が出るので、少しずつ返していこうと話し合い、ホッとしたところです。それにしても、今の私に丁度いい試練なのでしょうか?ちょっとムカついています。特に派手なことをしているとか、無駄な買い物をしているわけではないのに、なぜこんなにお金に苦労しなくちゃいけないのか?「今の家(父親の家)に来てから、更に苦しくなっている」「父親の通帳を持っているからなのか?」などと超常的なものも気にするようになっていて、とても苦しいです。そうか!とにかく父親から自立しなくてはと考えを変えるように、目標を持つようにしました。ちょっとだけ肩が軽くなった気がします。そして、嫁の一言「なるようになるよ」…と。私はこの一言が大好きです。とても救われた気分になります。嫁って神様か?と思うぐらいです。正直いって、私より嫁の方が苦しいと思うのですが。でも、これで目が覚めました。父親は嫌い(全否定)ですが父親に今まで依存した生活を送っていたことに気づきました。ということは、結局のところ、自分が蒔いた種だったのです。それに気づかしてくれた嫁は、まさに神様。それにしても、人生っていいことも悪いとこも後々に回ってくるのかな?と思い、ならば今はいいことをたくさんして、これから楽しい人生が送れるようにすることが一番だと思うようになりました。

少しずつですが…順調です。

なんとなくですが、いい感じです。特に何かあるわけではないのですが、モヤモヤしたものが減ってきているような気分です。不安など、時にフッと湧いてくるのですが、すぐに小さくなっていきます。完全に消えることはありませんが、それはそれでいいのかもしれません。その方が、自分を見つめ直しやすいような気がします。その積み重ねで自分を強くしてくれるような気がします。そして、最近はあまりイライラしなくなりました。なりそうな時がわかり、方向転換をある程度オートマティックにしてくれているようです。GWは疲れました。今日は仕事でさらに疲れましたが、家に帰ってきて子供達や嫁を見て、再び充電!元気になりました。明日は墓参りして、近況報告として感謝の意を述べてこようと思います。これからも、平穏無事に柔軟に強靭な精神力を身につけられるように鍛えていきたいです。

子供と映画館へ♥

昨日、子供が微熱でしたが映画には行くと気合いを入れて早く寝ました。「病は気から」という話を子供にして、早く寝かせることに合意してスムーズに就寝。なんと見事に熱は下がって、いつもより(学校に行く時間)早起きです。子供の体力はすごいと思いました。病は気からと言ったのは自分に対してもです。なかなか疲れがとれなかったところ、子供を見てこちらも元気になったという感じです。少々の病気は気合で治るのだなと感じたところです。ということは、普段から弱気でいると少しの病気(かぜ)でも重症化しやすいのかなと思ったりもして、更に気合を入れることにしました。丹田でしたっけ?気が集中するところって?まあ臍に気を集中して、謙虚に柔らかく笑って生きていければ人生は大成功のような気がします。まあ細かいところで問題はあるのですが、いちいち気にしていたら肝心なことが疎かになりそうなので、もし気になりだしたら、脳に「アホか…」と言い聞かせようと思います。人のことを悪く思ったり、恨んだりしても何も変わりません。いえ、逆に悪いことが自分に起こりそうです。人は人、その人もきっと何かをしょっているのでしょう。私は幸せになるために、今の状況を体験して学んでいると思っています。なので相当に成長しているのではと自己満足しています。だって、これほど人に感謝したことはありません。逆に、精神的にまいっている人の力になれればと思えるようにもなりました。大したことをするつもりはありませんが、したい気持ちもあります。まずは今できることから始めたいので、家族を幸せにするために、悪い波動は打ち消すくらいの気合を身に着けたいです。スポ根ではありませんが、もがいてもがいて鍛えられることに楽しみを感じれるレベルになれば、なんでも来い的な大きな気合を持てるような気がします。これからが楽しみです。そして、家族に感謝。

ときどき晴れ…

ここのところ、やっと晴れ晴れとした気分になることが増えてきました。吹っ切れたと言っていいでしょう。というのも、こんな些細なことに気をとられていたのかと思えるようになりました。上出来上出来!そして、前より暗い気持ちになることも減ってきました。やはり気が重要です。気にしない気にしない…一休み一休み。一休和尚っていう人はやはり只者ではないようです。明日は、娘が映画が見たいということで、座席予約までしていたのですが、今夜微熱を出してしまいました。しかし、本人は行く気満々。熱が下がることを祈りながら寝ることにしました。そう自然と家族に優しくなれるのが一番うれしい。イライラや不安は必要以上に持たないように、精神修行真っ最中ということでしょう。これからも何かとストレスがかかってくるのでしょうが、なぜか落ち着いています。苦労の先には苦労があるとどなたかが言ってました。なので苦労を苦労と思うことが良くないことだと思うのです。起こったことがいかに自分にとって為になっているかを勝手に自分に都合よく解釈する訓練をしていれば、なんでも来いや!と強気になれます。とりあえずいい方向へ向かっているので良かった良かった。

まだまだ心が狭い…

今日は娘を泣かせてしまいました。仕事から帰ってくると、嫁は寝ていたようで夕食の準備にとりかかる前に不機嫌でイライラしていました。予定が多く用事があるのを忘れてしまったとのことでした。子供が先に「いただきま~す」と言われ「はい」とついつい返事をしてしまいましたが、嫁がまだ片付けやらでいませんでした。そこで「まだまだ」と制したところ「え?はいって言ったよ」と笑っていましたが、それを何度も言ってくるので「うるさい!」とイライラしてしまいました。反射的に「はい」と返事したのも悪かったし、嫁の機嫌に流されてしまったのが一番悪かった。これぐらいの雰囲気はガラッと変えるぐらいの波動を持つようにしたいです。そうすれば家の中も明るく幸せに浸れると思います。嫁も反省したようですが、自分が頼りないところが露見したようでみっともなかった。でも、これで気合が入りました。よっしゃー家の雰囲気を明るく幸せ波動をたくさん出すぞ!と気合の入れ直しです。

疲れがとれません…

今日も仕事です。土日休みでしたが、嫁と二人の子供(小学生、幼稚園)を連れて、ちょっとした遠出に出かけましたが、以外にも疲れて未だに全快していません。嫁も最初は筋肉痛などがあったようですが、今は何ともないようです。私は、筋肉痛はないのですが、どうもダルさがとれません。まだまだGWは始まったばかりで、今度の5日は映画を見に行く予定なのですが、気が重いような楽しみのような。それこそ、病は気からということで、楽しいことを想像して過ごそうと思っています。ようは、ここが心の持ちようなのかな?と思っています。仕事でも家でもちょっとしたことが気になって、ストレスが溜まりやすい状況が続いていますが、このポジティブな考えをなんとか持ってくるようにしてから、大分楽になってきています。少し強気になってきているような気がします。この勢いで全快して、人生の勝ちをとりにいきます。

 話は変わりますが、最近の映画鑑賞は非常に楽になりましたね。私が小さい頃は、並んで待っていたのですが、今はネットで予約して席までとれるのですから、それを考えたら楽ちん楽ちん。人生もこのようにポンポンと予約できたらいいのですが…。甘いかな?嫌々、人生なめてかかりましょう!その方が楽しいような気がします。

ついてるよ!

今日、職場で私はツイてる人間という話題になりました。同僚も言葉では認めてくれています。職場でオーラが見える人がいるということで見てもらうと、私はオレンジらしい。陽気なんだそうです。つまり、陽気な方がツイてることになるのかな?それは否定しないし、事実その方がちょっとした出来事でもラッキィーと思えるからです。現象のみをとらえるとツイていない事(くも膜下出血で倒れた、タイヤがパンクなど…)も、捉えようによってはツイていると思えることができるからです。これは元々の性格なのか、そういうふうに捉えるように頑張っているのかわかりませんが、楽観視する方が、人生が楽です。つまり、暗く考える人は、実は強い人?ともとれます。私は弱い人間なので、何事も肯定的にとらえられるよう、日ごろから訓練でもしていた方が良いと思います。若い頃は肯定的なことが多く、深く物事を考えていませんでしたが、歳をとるごとに段々と不安になったり、イライラしたりすることが多くなりました。根拠はあまりないのですが、経済的な事、父親の事など心配事が増え、それをあれこれ考えてしまうのです。しかし、嫁のマイペースのおかげで非常に救われています。不安要素をあれこれ考えるより「今どうするか?どう考えて生きていくか?」なんて大袈裟なことまで囚われず、まず今の仕事をしっかりこなして、他にワクワクできることを探して、嫌な気分をできるだけ遠ざけようと。つまり逃げ上手になれればいいのかな?名将は引き際を心得るとあります。自分のいいように解釈して陽気に過ごせれば、周囲に迷惑をかけずに、それなりに生きていけるような気がします。と思いつつ、嫌々私は一旗あげるぞという強気の姿勢も持っているので困ったものです。いずれにしても、弱い人間が楽しく生きるためには、楽観的に解釈するのがいいと思います。今後もへこたれることがあると思いますが、シフトチェンジしながら成長していきます。