読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディーラーでタイヤ交換して自分も機動力up?

今日はタイヤ交換をしました。新車で購入して3年目。タイヤの溝もギリギリ?懐には厳しいのですが、何かあったらもっと大変なことになるので決心しました。すると、気持ちの良いものです。ついでに自分のネガティブな部分も交換したような気分です。さらに、5月1日からタイヤの価格が上がるというではありませんか。つくづくツイてます。最近少しずつ吹っ切れることも出てきて「これでいいでしょう」とポジティブになりやすくなってきています。嫁の仕事も少しずつ落ち着いてきています。資格に受かって働いているのですが、非常に助かります。世の中、保育園でも待機という方が多い中、私の仕事もほとんど定時で帰れますし、有給なども比較的取得しやすい職場なので、本当にありがたく思っています。こんな恵まれた環境でネガティブになるとは、我ながら甘えているとしか思えません。そこでという訳ではありませんが、いつか力がついたら、厳しい環境で働いている人達の手助けが少しでもできればと思うようになってきました。いろいろ高望みしていて、一歩でもそれに近づけるように自分を磨いていきたいなと感じるようになりました。今はその基盤づくりとして、試練(他の人からみれば大したことではないかもしれませんが…)として受け止めて成長していきます。

今日からGW(少し遠い城山公園でちょいと遊んでもらいました)

GWは私も嫁も仕事があるため、子供たちを旅行とか連れていくことができません。可哀そうなので、車で1時間程度のところの公園で遊んでもらいました。外食もしたので、これで上等では?…本当はいろんなところに遊びにつれていきたいのですが、どこも混んでるし、以外と近くにいいところがあるんじゃないかと思って、少し遠出して連れていったら、それなりに楽しんでいたので良かった。そこで写真でも撮って貼り付けたら良かったのですが、うっかり忘れていました。まあ、子供メインで考えると、あまり遠くに行くのも大変だろうから、これぐらいがいいのかな?と自己満足。大事なのは、子供たちが喜んでくれること。嫁の実家が神奈川なので、夏休みとかは連れて行ってあげたいと思っています。嫁方にはいろいろ世話になって、子供たちをかわいがってくれるので、できる限り行きたい気持ちはあるのですが…。それでも、こうして子供達と嫁と家族ででかけらる幸せをありがたく満喫できました。また、ちょこっとした所でも連れて行きたいです。できるだけ自然に触れることの多い場所がいいかな。自分もそこでとてもいい気をもらいリフレッシュさせいただきました。ありがたい。

今日も平穏無事!

今日は少し気分上々。それでも、携帯を家に忘れて不便を感じた。「あ~こんなんでブルーになるなんて…」と、いつもあるものが少しないだけで不安になるんだな。と思わない人もいるでしょうけど、世の中便利になって、すごくいい時代というのは感じるけど、ちょっと依存しすぎることがあるので気をつけないと。たかだが携帯を家に忘れて、生活パターンが少し変わっただけでストレスになるのも弱すぎますね。これだから、今苦しむのかもしれません。もっと大雑把に気持ちを大きく持つようにしないと…というのを教えてもらったのかな?家に帰るまで、落ち着かない状態でした。まあ気づけただけでも偉いかな。そういえば娘の件は、今のところ少し落ち着いています。娘が嫌なことを言われたり、いじめられるってキツイです。自分がそういう目に遭う方がよっぽど楽です。なので、娘をしっかりハグしてあげたいです。そのうち、弾かれるようになって寂しい思いをするのですから、今のうちですね。そして、家族で楽しいことをたくさんしてあげることをたくさん考えるようにします。

なにごともなく平穏無事

今日は、平穏に過ごすことができました。しかし、気分は今一つ重い感じです。この気持ちはここ最近ちょくちょくあります。これはごまかしたり、無理に消そうとせず、真っ向から受け入れるべきだろうと思うようになりました。嫌なところを光で照らしてみるようにしようと思います。しかし、人のせいにしがちなので、それは違う!と押し問答して葛藤して、疲れたら寝ます。そして、自律神経などをリセットできたら、成長できるような気がします。嫌なことでも起こってしまったら、その瞬間は落ち込んだり怒りを覚えたりしますが、自分の成長のために必要なことだとありがたく受け入れる方が良いと考えられるように、楽しいことやワクワクすることを思い出すようにします。それにしても、これをやりくりできるようになったら、どんな試練も乗り越えられるような気がして、楽しみになります。強気な人生がおくれるように、それを想像しながら生活してけたらと思います。

やればできる!

病気で倒れてからネガティブな考え方になっていました。しかし、これではいけないと思い、日々自分と格闘していました。ちょっとしたことをすごく気にすることに、疲れたというのが本音ですが、自律神経を調整するなどの健康面の知恵も借りて、「なんとかなる」「信じる」ということで気分を楽にしてきました。倒れて3年が経ち、未だに落ち込むこともありますが、以前よりは大分良くなりました。ネガティブになることで一番迷惑をかけるのが家族です。一番世話になっているのになんてことだ!神様を信じて、自分を信じることから始めました。病気で倒れても復活して、嫌なことがあっても、誰かの助けがあったり、嫁の鶴の一声であったりと、ここぞという時に助けがあるのです。時々、嫌なことを想像してしまうことがあります(以前よりは減りましたが…)。こういうときは、「ありがたい、ありがたい。自分が成長するために必要なことなのだ」と思うように努めることで、状況が変わっていってるような気がしています。もっと欲をいえば、将来大成功を成し遂げるのかな?と勝手に楽天的に解釈する方が楽だし、家族にとってもいい影響を与えることができると思います。ここのところ、経済的に苦しい状況があり、今の家に移ってから、病気で倒れたり、嫌なことが立て続けに起きたりしているのですが、解釈をもっと分析すると、嫌いなはずの父親に頼り切っていたのでは?もっと自立していけと教えているのではないかと考えるようになってきました。ここに移ってきてからおかしくなったのであれば、引っ越してみる。それにはお金が必要。じゃあお金をきちんと整理して、少しでもいいので蓄えていこう。という具合に生活に気合をいれていれば、なんとかなりそうな気がします。それでできなければ、それでまた考えればいい。まずは、行動することです。行動すれば、なにかが見えてきます。そして極めつけは、私には神様と“かみさん”がついてますから(笑)。なんとかなるのです。このおもしろき時こそ金なり…。

娘の家庭訪問

昨日、娘が嫌なことを言われたということで、今日が家庭訪問で嫁と先生、そして娘でいい話ができたようです。娘の表情がスッキリしていました。なにかと嫌なことやキツイことがありますが、何かしらの助けがあるようで、タイミング良く解決していきます。特にここ最近はそう思います。嫌な体験はこれからの人生でとても役に立つし、周りで助けてくれる友達のありがたみを知ることもできます。そういう友達に目を向けることが大事だということも知ることができます。今日、私は気分が重い感覚がありました。やはり、まだあれこれ嫌なことを考えているのです。そこで、何かフッと感じることがありました。私は神様を信じると思いつつも、全然信じてないことに気付いたのです。信じていれば、細かいことをくよくよ考えるのはおかしい。悪いことをしていないのなら、正しいことをしているのであれば、必ず神様は助けてくれる。ということを最近思い出しました。父親の件や経済的なこと。それに気づいてから、少しずつ道しるべのごとく上手くいくようになってきているのです。そして極め付けは!テレビでタイミング良く自律神経呼吸法というものをやっていました。ここでは血圧の話でしたが、自律神経は精神面へも大きく影響します。これをコントロールできるようになれば、この鬱々とした状況も変えることができるのではと期待しつつ、今夜から是非やってみようと決心しました。3日坊主にならないよう(笑)。とりあえずは「なるようになる」という若い頃の気を再び取り戻そうと思います。

娘が学校で嫌なことを言われた…

嫁から聞いた話で、本人からは聞いていません。やはり元気がありません。先生にも相談したようですが「相手にしない」「ほうっておきなさい」と言われたようです。私も気持ちの受け止め方を教えようと思ったのですが、嫁は「その時の気持ちを感じてあげるほうがいいのかなと思って、例えば、嫌だったね…とか」と言われ、ハッとした。そうなのだ。大人になると当人の気持ちを汲んでいるつもりで「あ~しなさい、こうしなさい」と方法論をおしつけるのです。まずは当人の気持ちに共感してあげて、仲間になり、自分で気持ちの整理をつけることを学んでいくようにしないと、大人になってから自分で解決できなくなってしまうのではと思いました。しかしまあ、嫁の肝はしっかりしてるなと感謝するほど自慢の嫁です。さらに嫁の母親はすごい人なんだなと感心しました。いずれにしても、今この時期にそういう目にあって良かったのではないかとも思います。そして、よく言ってくれたと思います。その意味でも、もっと娘が言いやすい環境をつくってあげることが、仲間になってあげることが大事なのだと思います。私が子供の頃は、親に対抗するために兄弟だったり、友達だったりと話をすることが多かったのですが、現代の子供たちは塾や習いごとで、あまり子供達同士で遊ぶことも少ないようです。時代の移り変わりに我々大人もしっかりついていかないと、子供達が一人ぼっちになりやすいのかもしれません。ちなみに私には小学校からの友人がいて、お互いに離れた(関東と九州)環境にありますが、いまだに付き合いがあります(かれこれ40年くらい)。とてもありがたい存在なので、娘にもそういう友達ができたらなと思います。そして、嫌なことをされるとどういう気持ちになるかを、しっかり感じて学んでくれたら、きっと素敵な人生を送れるようになるような気がします。親バカな感想ですが、私自身もそういう素敵な人間になれるよう自分に語りたいです。